謎が謎でなくなるとき・・・振動の神秘!


2017年 10月


  ブレサリアンの波動測定(10/10)



カラパイア
「何も食べずに宇宙エネルギーだけで生きる「ブレサリアン」を貫く夫婦(アメリカ)」

このサイトから引用
ブレサリアンは、水以外口にせず一般的な食事はほとんどしないという。
ブレサリアンは「ブレス(呼吸)」だけで生きる人という意味だ。」

ここまでではありませんが、世界には食べるものを制限している人々は結構いるようです。
純粋菜食者、菜食主義者、果食主義者、そして液体食のみを摂取する人もいるようです。

このサイトのブレサリアン夫婦の波動測定の結果です。

この2人の波動の質はほとんど同じです。
意識はP3です。
アジナ集中が強く感じますので、物事をしっかり考えるタイプです。

食事はほとんどしないということですので、体の状態がどのようになっているのか興味が惹かれます。
体の状態の測定結果です。
この2人は、体の状態も同じです。
胸全体、それは肺になりますが、その存在が異常に強く感じます。
まるで、肺しかないのでは、と錯覚するくらい存在感があります。
肺全体が内臓といった感じです。
長い間、たくさんの人の体の状態を測定をしてきましたが、このような波動結果が出たのは初めてです。

確かにこの2人は、呼吸だけで生きているといってもいいのですから、一般と比較すると肺が異常に活性化するのは当然かもしれません。
肺は呼吸器官ですが、この2人の肺は消化器官のような感じです。
胃が動くような感じで、肺が動いているような感じの波動が伝わってきます。
肺は呼吸によって縮小拡張するだけですので、肺が胃のように動くという感じは分からないかもしれません。
私も初めて感じたことですので、このような表現しかできませんが本当に不思議な感じです。
動くと言っても呼吸の感じはしないので、何かいろいろな働きをしている感じです。
体を維持するための必要な要素を、空気から取り込んで栄養素や成分に変換しているのかもしれません。
または、それ以外の要素が働いている可能性もあります。
それを、ほとんど肺だけで行っているとしか考えられません。
ですから、胃腸全体の働きを肺だけで行っているような動きを、肺全体から感じてくるのです。

ちょっと飛躍した推測をすると、どこかの星に住んでいる宇宙人は、その星の大気からすべての生きる養分を取り込んでいるかもしれません。
環境に適応すれば、何らかの液体でも地中の成分でもいいかもしれません。
要は、そのような体の構造になっていればいいということです。
すべてが地球のような条件でなければ生物が存在しないというのは、非常に狭い見方かもしれません。

ちょっと話は脱線しましたが、さらにこんなことにも興味が湧いてきました。
この2人の前世意識はどうなっているのかということです。

brb2.gif    brb1.gif

それで、名前から前世(一つ前の人生)だけになりますが、リーディングしてみました。
夫の名前はアカヒ・リカルドで妻はカミラ・カステロです。
この二人の前世意識です。
この二人が前世でも結婚していたかどうかは分かりませんが、おそらく近いところにいたと思います。
二人の前世意識の波動は、ほとんど似ています。
二人の波動は、ほとんど同じといっていいくらい似ていますので、まとめて説明します。

おそらく、何らかの集中訓練をしていたと思います。
何となく、集中の感じはヨガの雰囲気に似ていますので、場所はインドかその周辺国だと思います。
どんな集中訓練をしていたかは、波動の感じから分かります。
集中訓練している波動を感じて、またまたビックリです。
これも全く初めて触れる集中ポイントで、これまでこのような集中方法は知りませんでした。

その集中ポイントは、脳全体です。
それも、脳全体が鬱血している感じで脳浮腫状態です。
いったいどんな訓練をしていたのか、二人とも同じ状態にあります。
脳全体に何かをしている、何かの回路を開こうとする集中訓練かもしれません。
他には、やはり胸の中全体の存在を感じます。
その存在感は、現在の感じよりはかなり低く感じますが、今の状態になる前の基本的訓練をしていたのではないかと推測できます。
波動測定から分かる体の状態を考えると、それなりの知識と長い間の訓練がなければこの二人のようなブレサリアンになることは厳しいはずです。