第3神性意識界


第3神性意識界  デボラ   ダニエル   エリヤ



第3神性意識界の神性DNA同調カードの購入は、第4神性意識界の神性DNA同調カード(イエス・シャカ・マリア)を購入した方のみになります。


第3神性意識界からの神性DNA同調カードは、購入者の意識向上のために創ったものですので、カードの画像は当分の間掲載しません。


デボラ ダニエル エリヤのカードは、さらに振動が強くなっていますので、神秘霊的なことに一気に目覚めることもあると思います。
第2、第1神性意識界に向け、さらに霊的回路が開く準備が整っていくでしょう。


ご注文はこちらから

神性DNA同調カード 3枚セット (デボラ ダニエル エリヤ)

価格 45000円


神性DNA同調カードの全内容

第1神性意識界・・レメク   メルキゼテク ノア   
第2神性意識界・・アブラハム ソロモン   エゼキエル (2016/12/予定)    
第3神性意識界・・デボラ   ダニエル   エリヤ   (作製済)
第4神性意識界・・イエス   シャカ    マリア   (作製済)



カードの色は、イエロー、マゼンタ(レッド)、シアン(ブルー)系で統一しています。

シャカの延長はイエロー系カード・・・ダニエル
マリアの延長はマゼンタ(レッド)系カード・・・エリヤ
イエスの延長はシアン(ブルー)系カード・・・デボラ

※ カードのデザインは、すべて同じですので色で区別して下さい。

※ 全カードの振動調整はいつでもおこないます。


 意識進化と霊的回路

「神性DNA同調カード」を作るために、各12大聖者に集中し始めたのが、2012年の7月頃でしたので、この12大聖者の振動に触れてちょうど3年になります。
私自身のことで言えば、この振動に触れてから同調訓練を積み重ねるにつれ、意識レベルやその他自分の運勢も全体的にみてかなり上昇したと感じています。
その中でも、特に変化を感じているのは、内的能力の発達がスピードアップしたことに自ら本当に驚いています。
これも、霊的回路がさらに開いたからだと思います。
その証拠として自分でもはっきり分かっていることをあげれば、このカードに同調するようになってからヒラメキやインスピレーションが急激に増えたということが、特に強調して言えます。
継続してカードの振動に集中同調していることが、気づかないところで、私が使う言葉の「潜在意識の調整」が進んでいることになると考えています。

今回、「神性DNA同調カード」の第3神性意識界を作製するに あたって、気づいたことを説明したいと思います。
「第三の目の世界」の特殊リーディング(9大聖者のアカシックレコードリーディング)に、12大聖者リーディングの内容を書いています。
それは、2013・1・28になっていますので、その頃は私のARRも未熟でしたが、それでも12大聖者の振動を精一杯表現していました。
今でもその時のことを思い出しますが、大聖者の振動が分からないというより、その振動の強さで自分が耐えられなくなっていました。
そして、約3年経った今、私は最高のレメクの振動まではっきり同調出来るようになり、現在の私の振動訓練はP8以上の振動同調だけを行なっています。
このP8以上の振動同調を始めてから、それまでには気づかなかったいろいろなことを発見出来るようになりました。
その一つを簡単に言いますと、誰も今の自分の意識の質やその時点の振動レベルは、はっきり分かることは出来ないということです。
それが分かるのは、次の段階の振動に触れるか意識向上した時に、その前(下位)の振動(波動)がはっきり分かる、つかめるようになるのです。
このことが神性DNA同調カードで、最高のレメクまでの全部の振動が分かった時に、はっきりと感じ気づいたことです。
第3神性意識界の振動が分かってくると、より第4神性意識界の振動がはっきり感じ取れるようになるということです。
当然、それまで第3神性意識界の振動に慣れる訓練は必要になりますが、この順序を飛ばして分かるということはありません。

第2、第1神性意識界の「神性DNA同調カード」は、この先順に作っていくことになりますが、「神性DNA同調カード」の4段階は、霊的回路を開く意識の誘導、または振動に慣れる準備のために用意されたものと思って下さい。

私がP8以上の振動同調まで段階を上げて来られたのは、すべて魂からのインスピレーションによる導きがあったからです。
その順序や中身の詳しいことは、まだ話したことはありませんが、この振動段階を上がっていくための必要な振動の訓練はずっとしていたのです。
この振動同調は、けっこう辛い時もありましたが、やはりそれを耐えて克服したからこそ次々と段階を上がることが可能になったと思っています。
これも波動振動測定が可能になったおかげです。
もし、波動振動測定が出来なければ、その振動に気づくこともないので、ここまで来られたかどうか、一生気づくことも出来なかったかもしれません。
それは、あなたの意識成長にも言えることではないでしょうか。
本当に自分の魂に感謝するにしても、この世のすべてを持って来ても感謝の言葉にも、その思いにも代えられるものではありません。

今回の第3神性意識界・・・デボラ ダニエル エリヤ の神性DNA同調カードは、この3聖者の振動を元になった私の集中同調訓練用のカードに、もう一度振動を増幅して3聖者の特徴と振動を封じ込めました。
振動の感じは、イエス、シャカ、マリアのカードより強く入っていますので、このカードでいきなり意識向上する人もいるかもしれません。

いずれこうなると、私が思っていることです。
今、イエス、シャカ、マリアのカードの振動がほんの少ししか感じない人でも、ダニエル、エリヤ、デボラの振動に同調訓練をしているうちに、その振動が浸透していくにつれてイエス、シャカ、マリアの振動が自分の中で開けて、感じるようになるのです。
もちろん、人それぞれ、そうなる早さにも違いがありますが、このような段階を上がっていくのです。
ダニエル、エリヤ、デボラに慣れてきたところで、次の段階、第2神性意識界・・アブラハム ソロモン エゼキエルのカードの振動に触れていきます。
このように、次々と上の段階の振動に同調する訓練をすることで、自分の心身、意識を霊的回路に開いて高次元の振動を受け入れるようにしていきます。

今のところ、段階を追って霊的回路を開くために準備する、外から働きかける振動レベルの援助グッズは、この世にはこの「神性DNA同調カード」だけです。
12大聖者のカードは、あなたの宝物になると最初に書きましたが、私は最初からこうなると確信していたからこそ、そう書いたのです。
自画自賛と言われても仕方ありませんが、12大聖者の「神性DNA同調カード」は、自分が創るグッズの中では最高のものを創ったと、この世界から退くときはそう言うと思います。

 第3神性意識界

今回の第3神性意識界・・・デボラ ダニエル エリヤ の神性DNA同調カードの説明です。
約3年前に行なったARRの結果は「第三の目の世界」に掲載済みですが、今回は再度デボラ ダニエル エリヤのARRを行いました。
結果、当時行なったARRはそれほど大きな間違いはありませんでしたが、その時の掲載文を載せ、それに今回新たに感じたことを加筆して説明したいと思います。

振動同調訓練の目標にしてください。

ダニエル

穏やかさとやさしさが一体となっている。
静謐、完全余裕。
一体感としては、絶対的安定で微動だにしないといった霊意識。
シャカの完全な癒しの優しさとは違って、この霊意識のエネルギー的感じは、悟り的やさしさといった感じです。
悟り的と言っても、あえてシャカのやさしさの感じと比較すると人間的なものから少し離れてといった感じです。
やさしさといっても、シャカとは少し質が違いますので、このような表現になります。

ダニエルの意識になると、奥の方に無限に拡大している、本当に勢いがある感じでずっと無限に・・。
しかも、そのやさしさは、どんどん密になっていくといった感じです。
やさしさが濃くなっていくというのも変な表現ですが、このように表現するのがピッタリの感じです。
やさしさの泉、やさしさのエネルギー意識の根源、霊界そのものです。
シャカのやさしさの根源はここなのか、と感じるほど根源ということを意識させられます。
やさしさの根源を感じさせてくれる、ここからやさしさが出て来るのか・・、といった感じです。


✧✧✧前回のARRに加筆して、なるべくわかりやすくしましたが、今回のARRで感じたことは、最初のARRとほとんど大きな違いはありませんした。
まとめると、やさしさ度が濃くなっているというのは、さらに霊界側に拡大し、振動の層の厚みが増していると考えてください。
振動の層の厚みというのは、振動が悟り系の感じになっていくということです。

意識訓練は、癒し系の人も悟り系に真理を知っていかなければなりません。
その意識が自分に付いてくれば、次は癒し系の本当のやさしさと愛の振動に触れていくようにします。
これが分かってくると、再び悟り系の感じを入れて、癒しと悟りのバランス意識に触れていきます。
これが出来て、初めて霊界意識方向の意識進化に入っていきます。
これは今すぐではありませんので、一応参考までに覚えているだけでかまいません。

続けます。
このような振動ですから、シャカのカードと比較するとダニエルのカードからは、さらに振動が出ている、またはダニエルの振動オーラを感じるくらい振動の強さがあります。
ダニエルのやさしさの振動は、シャカの延長上にあり、霊的根源に近いやさしさになります。
さらに深くなると、そのやさしさの振動は霊的な愛に融合していく感じです。
シャカの次がダニエル、そして次はソロモン、やさしさの振動は創造神に近づくにつれてその意識的振動の質も変化していきます。
ソロモンの意識振動になりますと、この世的やさしさという振動の質は無くなり、この世の言葉では表現出来ない霊的な振動の質に変化していきます。
ソロモンは次回のお楽しみです。


エリヤ

エリヤは、ダニエルよりさらに霊意識の拡大を感じます。
さらに、もっと奥の方へと引き込まれていく感じです。
何も思わなくても、自然にこの世の意識から離れていきます。
自分の体、といっても意識としての体ですが、それから引き離されて何か別な自分の意識体にいるようです。
エリヤのリーディング集中では、本当にいろいろな体験をしました。
リーディングを始めてから、回数を重ねるごとに、いろいろなものを感じさせ、体験させてくれました。

エリヤのリーディングは、最初の頃はこんな感じでした。
肩から上が、光の雲に包まれているような感じでした。
光と言っても、この世で感じる光ではありません。
温度、反射、まぶしさなど、霊界の光は抵抗がない、光の根源がわからないのです。
何故か、肩から上の方なのです。
強いエネルギーは感じるけど、私たちが知っている感じのパワーではありません。
イエス・シャカ・マリア以上になると、振動とかエネルギーとか、そういったものとは違う世界になっていきます。
このARRは、人物の意識を知るためのARRですが、意識というよりそれ以外の神秘やそれ以上の深い世界を体験させられています。

エリヤのリーディングに慣れてきた頃、また変化がありました。
じっと集中していると、何故か、自分の肩から上(首・頭)がだんだん消えて無くなっていくのです。
そこに残るのは、透明な感じで、何となく意識的に残像を感じています。
そのままじっとしていると、今度は肩から下に向かってどんどん体が消え始めます。
しかし、それはみぞおちあたりまで、そこで止まります。
透明人間を思い浮かべてみればわかりやすいと思いますが、上半身だけが透明になっているのです。
自分にはその姿が見えるのです。
その時の意識的感じは、この世的に言うと、さわやか、すがすがしいといったものです。
リーディングしているときは、すべての映像、その場の感じ、動きなどは、私は何もしていませんが自然に現れてくるのです。

リーディングも10回近くなったとき、次のようなことがおきました。
私の意識体、それは頭の周りになりますが、後光のようなものを感じました。
その世界は、自分の感じだけでなく、自分の外もすべてわかるのです。
頭の周りの後光が広がっていく感じで、その輪のようなものは、何重にもなって独特な生命のゆらぎといった脈動が伝わってきます。
まるで、霊界への集中、同調を教えているような感じです。
内なる意識は無限、永遠、それをさらに感じさせてくれるエリヤの意識です。

質は違いますが、マリアの愛の根源的な感じがしました。
仏像や仏画、イエスやマリアを描いたものにも、後光をあらわしたものがあります。
それは、光背とも言われていますが、それをその当時から描かれていたということは、やはりそれを見て知っていた人は何人かいたのかもしれません。


✧✧✧今回のARRで感じたことは、やはり最初のARRとほとんど変わりはありませんした。
マリアの愛の振動は、宇宙的拡大で、宇宙のすべてに浸透している愛といった振動です。
人々の間では、愛という言葉を口にしていますが、本当はそのほとんどがやさしさといったレベルの愛です。
それは、本当は愛ではなく、やさしさと言ったほうがいいでしょう。

一番この世に必要なものは、やさしさです。
愛は、ここではマリアの愛の振動になりますが、その愛の振動は悟り系で強さと厳しさがあります。
それは、何があっても最後まで守るといった強さの愛なのです。
やさしさとは違います。
この愛が、宇宙の全質量に浸透しているのですから、この3次元の根本意識は愛なのです。
ですから、意識の流れで言うと、この世側に向いているのがシャカのやさしさの振動、それを深い意識の中から完全に守っているのが愛の振動です。
その両方をバランス的に支えているイエスの振動といった順で創造神方向に向けて上昇していきます。
12大聖者の意識は、12大聖者の意識レベルに差があるということではなく、創造神方向に向けて上昇していくための意識段階を教えるためにあると思ってください。

マリアの振動からエリヤになると、振動自体はマリアの質と同じですが、さらに霊的に進化した振動に変わります。
それは、さらに霊的意識に近づいた振動に変わると考えてください。
エリヤのアナハタにある集中はさらに拡大していきます。
その拡大方向は霊的な方向で、光り輝いている感じです。
光輝いているといっても、この世で感じるものとはまるで違うもので、振動的にも光、エネルギーと表現するしかありません。

今回のARRの前の最初のエリヤの同調では、いろいろな体験をしました。
デボラに似ている感じのものもありますが、全体的意識でみると、第4神性意識界から第3神性意識界に意識段階を上げる準備をさせられていると感じました。
意識は進化するのです。

デボラ

この世で最高意識の偉人聖人、そのさらに高い霊的意識がイエス、シャカ、マリアです。
そのイエス、シャカ、マリアをさらに超えた霊意識は、どう捉え理解していいかまったくわからない、といったことになると思います。
しかし、これはARRによる記録ですので、これからの大聖者方の霊意識も感じたままを表現していきたいと思います。

デボラの強力なエネルギーは、これまでの振動測定やARRにも無かった驚きの体験になりました。
強力なエネルギーとしか表現できないこのパワーは、私の無意識の自分、そこにいる私の体でわかる、その感じというしかありません。
じっとリーディングに集中し、意識がある深さに到達すると、それからさらにぐっと奥の方向に後退させられる感じで世界が変わっていきます。
その世界にも自分の意識がいます。
そこにいる私の意識は、自分の体全体を別角度から見えているのを自覚していますが、同時にその見えている自分自身も意識しています。
すべてが自動的に、内から、外から、それも角度を変えて見え感じていられるのです。
デボラにリーディング集中していると、その内的場にいる自分が何かを感じています。

後頭部から背中にかけて光ではないが、そう表現するしかない強力なエネルギーを照射されている感じがしたのです。
体の奥まで浸透してくる感じです。
何と言っていいか、これは初めて体験する驚きのパワーです。
パワーと言っても、これまで感じてきたパワーとはまったく違い、何も感じないが自分のどこかですごいと感じているのです。
ここからエネルギーを受けるのは初めてで、だんだん何かが変化し始めていきます。
ここからというのは、後頭部や背中側ということです。
霊界とか霊界意識のエネルギーなのか、霊的神性エネルギーなのか、次にこのエネルギーが見えるように動き出し、信じられないことが始まったのです。
私の体の背後から、このエネルギーが少しずつ進入してきます。
それを別な角度から見ている自分がいます。
エネルギーが進入し始めると同時に、私の体が消えていきます。
それは私の意識体で、まだ次元的境界のネガティブが残っている自我意識体です。
それが少しずつ消えていくのです。
いや、消されていくといった方がいいかもしれません。
それもきれいな消されかたで、わかりやすく例えると、日食や月食の感じです。
日食や月食は少しずつ欠けていきますが、そんな感じで私の体も少しずつ欠けながら消えていくのです。
その消えていく様子、その境界線は日食や月食よりもくっきりしています。
それを感じている自分がいます。
体の一部分が消えて無くなっているのもわかっています。
自分の頭や背中の部分が消えて、完全に無くなっていくのです。
でも、それは何かさわやかで心地いいといった感じ、と表現するしかありません。

4次元的境界を超えるために障害となる、私のネガティブ自我が浄化されていくようです。
この浄化がないと、さらに高い段階に入れない。
何か大事なことを無意識的に感じさせてくれているようで、今感じている意識で消えていく頭から背中を見ながらその情景にただ圧倒されていました。
霊的純粋に自我が消されていく感じは、ただその真実の場にいる自分があるのみで、もう何も無い、それだけです。
この体験は、4,5回デボラのリーディングをするたびに自動的に誘導されました。

デボラの意識から、すごいことを教えてもらいました。
それは、意識の浄化、そして意識の霊化です。
その変化を、実際に私のリーディングで、その中の意識と意識体で感じさせてくれたのです。
意識が浄化される段階、この世意識に残るネガティブが消えていく段階を見せてくれたのです。
このネガティブ浄化の霊的パワーを、いつか何とか人のネガティブ解消の役に立てられないかを研究したいと思っています。
何故なら、この体験で私自身はさらに変わってしまったからです。
そして、ネガティブのことがもっと深く理解出来たのです。
意識浄化の体験から、デボラの霊意識は、イエス・キリストの霊的パワーの根源的な感じがします。
それは、イエスのリーディングの時にも、ネガティブの浄化を感じたからです。
このデボラのエネルギーに触れたおかげで、これまではっきり意識出来なかったイエス・キリストの霊的エネルギーを、完全に意識出来るまでになったのです。


✧✧✧今回のARRで感じたことは、やはり最初のARRとほとんど変わりはありませんした。
イエスのカードの振動は、頭の中心を芯にすると、頭の頂点から脳の中に棒が通っている感じの振動で、そこから頭の中全体に広がっている感じです。
集中点は、その中全体ですが、人によって感じる点は違うかもしれません。
それでも、その振動がどこにあっても質はイエスの振動と分かれば問題はありません。
デボラのカードは、このイエスの振動の質を、さらに神秘性を増した感じで本当に独特な感じになります。
その感じは、どうしても言葉で表現するということが難しいのです。
それでも、この文で表現していることに少しずつ近づいていくしかありません。

デボラのカードは、振動の感じがだんだん透明になっていく感じというのがポイントです。
もう一つのポイントは、後頭部の方から、その半分が完全に透明になって、頭の後ろ半分が無くなってしまう感じです。
そして、その透明感は徐々に頭全体に拡大しています。
頭の中が透明になるという意味は、思考や我から自分自身を切り離なされるということです。
こうして、だんだん霊的世界との回路を開いていく準備が出来ていきます。

デボラの振動は、その準備です。
長い間の訓練は、潜在的な振動調整に関係していますので、何も分からないからといって途中を省いてしまうと、結局何も起こらなかった、ということになってしまいます。
見えない意識の世界の訓練は、私たちが気づかなくても潜在的な振動調整はいつも行なわれていて、それは新しい回路を開く準備だと知っておいた方がいいでしょう。

ここまでが、神性DNA同調カード 第3神性意識界  デボラ ダニエル エリヤの振動の質の感じです。
同調訓練については、このページの最後に説明があります。
私は、この12大聖者の振動に触れ、約1年間最初の3枚のカードを創るために、毎日長い振動同調をしていました。
もちろん、このイエス、シャカ、マリアの3枚のカード以外、他の聖者方の振動同調も進めていました。
そのおかげなのか、私はそれから今までの間に、これまでにないくらいのインスピレーションを受けて来たということはすでにお話ししました。
それで今は、P8以上の振動同調だけをやれるようになったのです。
P8以上の振動が身に付けば、もう振動同調訓練は必要なくなります。
こうなったのは、何度も言いますが、すべてはこの神性DNA同調カードの振動(12大聖者)を、私の魂が私に降ろしてくれたからだと感謝しています。

このイエス、シャカ、マリアのカードも数十組の在庫になってきました。
もっとたくさん作っておけばよかったと思いますが、これは私の未熟で、購入してくれる数を少なく読んでしまいました。
これから、意識の勉強に入って来る人のために数十組残しておき、あとは無くなり次第終了で誰の手にも入りません。

もちろん、イエス、シャカ、マリアのカードは振動同調すれば創れますが、最初に意志した(当時の強い思い)振動には二度と同調出来ないのです。

「神性DNA同調カード」の振動同調訓練法

神性DNA同調カードの振動同調訓練法は、基本的にイエス・シャカ・マリアのカードとほとんど同じと考えてください。
もう一度、説明を入れておきますので、確認してください。
そして、この訓練以上超えた方は私に相談してください。
さらに、高いレベルを目指せるように、次の段階に向けた指導をします。

集中訓練法はとても簡単です。
この簡単が完全に出来ればいいのです。
イエス、シャカ、マリアのカードで説明しますが、他のカードも振動が感じるまでは同じと思ってください。

最初は、左手に一枚ずつカードを持って、最低3~5分くらいそのまま何も考えず静かにしていてください。
(時間は、もっと長くても可)
ただ、カードから来る振動を感じようとするだけです。
カードに集中するのではなく、感じるまで待つのみです。
順に3枚のカードで、このような感じで軽く待つ感じで集中します。
とにかく何も考えずに、各カードからどのような感じが来るか、それだけに軽く集中してやってみることです。

それに慣れてから、右手に釈迦、左手にマリア、胸からミゾオチにかけて自分の気に入ったところにイエスのカードを貼って、3枚のカードから、これもどのような感じが来るか、じっと感じてみてください。
イエスのカードを貼るときは、カードの上5ミリくらいをテープでとめ、あとは服に貼っておけば止まると思います。
しばらくは、このような感じでカードの振動に慣れていってください。

最初は振動に慣れていくことが大事ですので、できるまで続けてください。
注意としては、力を入れて集中することは絶対しないことです。

長い間、この集中を続けるだけで、それぞれのカードの振動が心身に浸透していきます。
それだけでも、自分の意識レベルが上がります。

集中は出来るなら瞑想の後、すぐに続けて行なってください。
瞑想後でない場合は、まずリラックスしてから行います。

とにかく、集中は継続して続けることです。
このカードは、意識集中や潜在意識の活性化など、また霊的回路を開くための準備と調整をしてくれるカードです。
自分の将来のために、焦らずしっかり継続してください。