謎が謎でなくなるとき・・・振動の神秘!


2016年 8月


  私事(努力したら叶った) (8/10)

世の中、夏休み真っ最中ですので、今回は測定から離れ私自身に関係することを話したいと思います。
私は、小学生の頃から苦手な科目がありました。
それは美術と音楽です。それに科目ではありませんが作文です。
まず、絵を描くことが苦手、というよりどう描いていいか、下絵を描くだけでも随分時間がかかりました。
あとは、そのまま色を塗るだけで、何の発想も工夫もないので、描き終わってもどうでもいい絵になっていたと思います。
美術の時間で描いた絵はけっこうあると思いますが、その中で一つも印象に残っているものはないのです。
酷いものです。

次に音楽で、音楽の先生が弾くピアノにあわせて歌う試験が4年生頃からあったと記憶しています。
音楽が嫌いだったのは、ただ一つ歌えなかったからです。
どう歌っていいか分からないのです。
どうしょうもない、おバカな子供時代です。

そのまま大人になって、社会人になれば飲み会などが年に最低2回はありました。
宴会ですから、当然順番に自分が歌う時間が回ってきます。
私にとっては地獄です。
何とか逃げられることもありましたが、いつもそういう訳にはいきません。
けっこう恥をかいていました。
何故なら、お世辞にも歌っているとは言えないレベルでしたから仕方ありません。
当時の私は、ドレミファソラシドの音階で、声がシから上がうまく出せないのでシド以上が出るように始めから音を下げて歌うようにしなければならなかったのです。
そうなると、歌っているというより唸っている風に聞こえることもあります。
だれも言わないが、場をしらけさせたと感じたときは何とも言えない気持ちになりました。
音痴の方が、笑いを誘うのでまだ愛嬌があります。

それからかなり時間が経って、自分の車を持ったとき思いついたのです。
「車の中で歌の練習をしよう」
たまに車を運転するときや、その後自分の仕事場の行き帰りの20分くらいの間など、車を運転するときは、必ず歌う練習をしていました。
高音を出せるように、そのような歌を選んで発声練習で声帯に印象を与えるようにイメージして、声帯大改造の強引な発声練習を続けていたのです。
無理に声を出すようにしていますので、声帯が裂ける、切れるといった感じになったときも何度もありました。
そして、少しずつ高音が出せるようになってきたときから、いろいろ声の出し方を工夫することも出来るようになっていったのです。

人間って面白いもので、そうやって長い年月訓練していると、何とか歌えるようになるものだということも分かりました。
そうやって、私は何とか恥をかくこともなく歌えるようになったのです。
本当に高い声が出なく、歌えなかった自分が努力で何とか歌えるようになったのです。
意識の勉強もかなり努力してきましたが、歌の練習は車の中だけでしたが努力しました。

何でも真剣に努力すれば、何とか自分が求める良いレベルに近づくということを知ってもらいたいと思います。
このような私が、ここまで歌えるようになったという証拠を出したいと思います。
本当に、歌うということから逃げ回っていたレベルでしたので、自分としては良くここまで変えられたと思っています。

ちょっと前にカラオケで歌ったものをICレコーダに録音し、それをパソコンで編集しました。
カラオケの調整が慣れていませんので音は良くありません。
あと、私の音程が狂っているところもあります。
曲は、私の年齢から演歌になりますし、古い曲が多いので無理に全部聞くこともありません。

これだけ高音が出せるようになったということを分かってもらえれば、努力すれば変われると書いた証拠になります。

※ 今回は、私からのコメントのお返事は入れませんので、その点はご了承ください。


★ カラオケ ★













その他の曲

  • なんて伸びやかな声なんでしょう!正直びっくりしました。自分は演歌をあまり聞く機会が無かった人間ですが、演歌ってこんなにも情感豊かに歌えるものだったんですね!その豊かな情感を支えるように、芯の通った声の感じが魅力的だと思いました。どうもありがとうございました^^ -- mitzuno 2016-08-12 (金) 03:36:07
  • 「歌のテストをします」と言うと嫌がる生徒は多かったです。音楽の楽しさを教えたいのにこれでは逆効果と悩んだ事を思い出しました。先生が歌嫌いになるどころか、こんなに素晴らしく歌えるようになった事を知ったら、その音楽の先生は喜ぶと思います。 -- 元音楽教師 2016-08-12 (金) 21:52:45
  • 元歌を知っているのは3曲ほどですが聞いていてホッとしました。なにより気持ちよく歌えるようになって良かったと思います。話している時の声の響きが山下達郎さんに似ていると思った事があります(話し方は違います) 潜在的にもっと高音が出せる声質なのかもしれません。 -- 緋目 2016-08-15 (月) 00:34:31
  • 先生がうまく高音が出せなかったり、どう歌っていいかわからなかったとは想像もつかないくらい、本当にのびやかで素敵な歌声です。聴いている私までゆったりとした気分になりました。本当にどんなことでも真剣に少しすつでも努力すれば、自分の望む状態へ近づいていけるものなんだと、先生の歌声を聴きながら納得しました。納得するだけでは変わりませんがしっかり行動を伴って自分の目指す方向へ一歩一歩近づいていきたいです。努力すれば変われる証拠を共有して頂きありがとうござました☆ -- Mai 2016-08-17 (水) 15:39:00