myi3



★ 憑依とは

ヨーロッパやアメリカでは、協会の中で悪魔祓いをする牧師をエクソシストとして呼んでいます。
この悪魔祓いの悪魔というのが憑依のことになります。
日本では、憑依というのはそれほど一般に浸透していなかったようで、アメリカのホラー映画「エクソシスト」で知った人も多いと思います。
日本は、憑依より怨念によるわら人形に釘を打つ「生き霊」の方が怖がっていたかもしれません。

しかし、この数年で、日本でも憑依がだんだん目立つようになってきています。
私自身も憑依のことはどんなものか分かりませんでしたが、今から18年くらい前に実際に憑依されている人をセッションして、その存在に気づいたくらいです。
その時は、クライアントさんに憑いていた憑依が直接私自身を潰しにかかってきました。
それは初めての体験でしたので、かなり切羽詰まった意識状態まで追い込まれました。
この体験により、憑依に対してかなり敏感になり、これまでずっと憑依のことに意識を向けてきました。

しばらくは、憑依のことはそれほど見聞きすることもなかったのですが、数年前からだんだん憑依が目立ってきているのを感じるようになりました。
以前からヨーロッパやアメリカの教会は、エクソシスト不足に直面していたようで、それからエクソシスト養成に力を入れています。

私も数年前から、独自に憑依の研究をしていました。
日本には、憑依について役に立つ資料はほとんどありませんので、憑依のことは波動測定をしながらいろいろ分析研究を積み重ねてきました。
その成果もあって、この半年で憑依のことは相当深く理解出来たと確信を持つまでに至りました。
勝手なことを言うと、日本では憑依については誰よりも知っていると思っています。

では、私が研究し知ったことを説明していきたいと思います。

★ 憑依とは

では、憑依とはどんなものでしょうか。
その正体など、誰も知らないと言っていいかもしれません。
憑依の正体を大ざっぱですが説明します。

憑依は、ネガティブ波動とか悪念といった波動ではありません。
憑依は、実際に存在している人間のような体を持たない意識体です。
この意識が誰かに憑いてしまえば、その人は憑依されたとなります。

憑依は波動ではありませんので、高い波動振動だけでは人に憑いた憑依を追い出すことは出来ません。

また、憑依は人間の心を読めますので、憑依された人は自分では憑依に勝つことは不可能です。
憑依は、前世から同じ人に憑いて来世もその人を支配していこうとします。
前世から憑依されている人は、今の自分以上に自分の心の反応は憑依に知られています。
ずっと長い間、前世を繰り返す毎に憑依されている人は、自分の心だけでなく自律神経まで支配されています。
心身共に支配され、その憑依の力が強ければ精神に異常をきたし自分を保つことは不可能になってきます。

たとえ憑依されていても、ほとんどの人は自分が憑依されていることに気づいていない人も多くいます。
おそらく、家族や周りの人も気づかないでしょう。
何かおかしな人とか変わった人と思われている程度かもしれません。
本人も、自分の思いとは別に、自分の判断も出来ない状態になることを知っているかもしれません。
しかし、それについては誰も知らないので、ただ困ったということになるだけだと思います。

本当は、本人は相当苦しいのですが、憑依はどうにもならないのです。
この内容を詳しく説明すれば、憑依されている人や家族の方はなるほどと納得するくらいの量があるのです。
憑依が前世から憑いて離れないとすると、今生で何とかしなければ来世も苦しめられることになります。
この世のネガティブで一番大変なことは、憑依を外すこと、憑依を自分から追い出すことなのです。

★ 憑依の見極め方

今生で憑依される人もいますが、実は前世から憑依されている人の方が多いのです。
これは、前世を見た数人の中で、いくつ前の前世で憑依されたか分かったことがきっかけになりました。
波動測定では、前世から憑依されてる人だけに出るポイントがあるので、憑依されている可能性のある人を相当数波動測定した結果、全員にそのポイントに憑依の波動があることが一致しました。

憑依されているかどうか、私はすべて波動測定によってこの憑依ポイントで判断しています。

★ 憑依の力

その人に憑依が憑けば、その人から絶対離れようとはしません。
憑依の力は、人の心を読めるということです。
自分が憑依を何とかしようと考えていることも、すでに憑依には知られています。
憑依の力は、心理学の最高レベルの大学教授以上だと思ってください。

憑依は、人を支配するためにはあの手この手で、どんな卑怯な汚い手も使います。
もっと言えば、この程度ではありませんので、一般の人では絶対憑依に勝てないのです。
もちろん、まあまあ高いレベルの牧師でも、僧侶でも無理です。
その人の意識レベルまで読んで手を打ってくるのですから、遊ばれているということもあります。

憑依が人に憑く場合は、憑依が巣くうところがあります。
そのポイントが憑依の隠れ場所です。
そのポイントは、波動測定で分かります。
その場所は、大きく分けるとチャクラの位置あたりになります。
大体、大きく分けて4箇所で、上から順にアジナ、ヴィシュッダ、アナハタ、マニピュラです。
その部分の支配は、人によって1箇所もあれば4箇所ある人います。
いくつかの前世で憑依されている人は、当然その支配箇所も多くなります。


★ 私の憑依の研究

憑依のことについて説明すれば相当な量になりますので、私がこれまで研究したことの一部ですがブログに載せた記事をご覧ください。

 憑依とエクソシスト(2014/2/21)

 憑依とエクソシストの波動レベル(2017/9/12)

悪魔祓いの儀式」の波動測定(Ⅰ)(2018/10/23)

「悪魔祓いの儀式」の波動測定(Ⅱ)(2018/11/6)

 2019(1)(2)(3)
 憑依は前世からつきまとい、来世も・・・(1)(2019/4/2)
 憑依は前世からつきまとい、来世も・・・(2)(2019/4/16)
 憑依は前世からつきまとい、来世も・・・(3)(2019/4/30)

 遠隔憑依撃退ヒーリング

遠隔憑依撃退ヒーリングについて説明します。

本人の現在の意識状態、これまでの言動、波動測定による憑依ポイントなどによって、憑依されていることが確定しましたら、遠隔で憑依撃退集中を進めていきます。
一応、私が決めたヒーリング回数がありますが、それは憑依の性質上必要な回数です。
実際、数名の遠隔憑依撃退ヒーリングを行った結果、この回数が必要だとハッキリしました。

ヒーリング回数は、憑依の強さによって決めますが、それは最初から決めることはできません。
一応のヒーリング回数の目安です。
ヒーリング回数は、全部で6回か9回です。
どちらになるかは、憑依の強さで決まります。
普通の憑依レベルで9回になります。

ヒーリングは1週間に3回行いますので、2週間から3週間になります。
日程は、火、木、土か水、金、日になりますが、どちらにするかはこちらで決めることになります。
毎回ヒーリングをする前に、憑依の存在感を波動測定によってデータを残しておきますので、9回ヒーリングを行う場合は、ヒーリングが6回終了した時点で経過報告をします。
ヒーリングを中途半端で終了しますと、憑依が戻ってくる可能性があります。
憑依の存在が0になるまで、完全に追い出すまでしっかり行った方が良いと考えています。

憑依を完全に追い出し、二度と戻ってこないように集中し、後の対策も考えていますが、その後は本人の意識の持ち方も大切になってきます。
憑依だけは、気を緩めてはいけないと心してください。
自分の今後の人生だけでなく、来世も関係してくる大事なことです。

ヒーリング中、またその後も、憑依を寄せ付けないために作った「憑依撃退カード」を身に付けてください。

 遠隔憑依撃退ヒーリング方法

私が行う憑依撃退ヒーリングの方法は、牧師のように聖書に書いてある言葉を唱えたり何かを使うということは一切ありません。
超高級振動も使いません。
超高級振動は、「憑依撃退カード」に入れていますので、それは補助的に使うだけです。

私が行う憑依撃退ヒーリングは、本来の私の意識のみで戦います。
一切のテクニック、聖書や何かの魔除けなどの言葉などは、戦う本人の意識が低ければ憑依にばれてしまいますので全く意味がありません。
エクソシストが十字架や聖書を憑依されている人に向けても、その人は大声を上げ苦しむことはありますが、憑依は一時的にその人から抜け出し、時間が経った頃また戻ってきます。
憑依は、本人やエクソシストの心を読んで知っているのです。
こんな手をいつまで使っていても、憑依されている人も疲れ果ててしまうでしょう。

憑依撃退ヒーリングを行う前に、必ず本人の意識波動測定を行います。
それによって、本人の中の憑依の力がどの程度弱まっているか、また憑依そのものがいなくなっているということが分かります。
ここがとても大事なことです。
ただ、その時にいなくなっているとしても、またいつ戻って来るかは分かりません。
このことも、しばらく様子を見ていくしかありません。
これまで数人憑依撃退しましたが、波動測定ではまだ戻って来てはいません。
おそらく、私の意識と憑依撃退カードで、二度と近寄るのは嫌だと感じているのでは、と判断しています。

もっと、憑依が二度と戻って来ないという確信があります。
これも意識で分かることですが、それまで感じていた憑依の存在がその人から完全に消える感じがあります。
その感じは、「もぬけの殻」といったものです。
「もぬけの殻」とは、これまでいたところを捨てた、またはもう二度と戻ってこないといったことになります。

私が目標とする憑依撃退ヒーリングは、その人にある憑依の存在が、最後は「もぬけの殻」になることです。

 憑依撃退カード

憑依撃退カードは、憑依が恐れるものを集めて作成しています。
デザインの下に、憑依が恐れるものをびっしり配列してあります。
この内容は、ヒーリング中に憑依にも見せどういうものかを印象付けることもします。
この憑依撃退カードは、エクソシストが憑依に十字架で迫るより効果があるものと考えています。
全ヒーリングが終了した後も、本人の意識の中にこのカードをしっかり残すこともしますので、このカードはしっかり身に付けてもらいたいと思います。

「憑依撃退カード」は、プラスチックカードで、クレジットカード大です。




お申し込みはこちらから

ー遠隔憑依撃退ヒーリングー 

最低2週間6回は必要です。
★遠隔憑依撃退ヒーリング6回       50,000円
・ペイパルご利用の方

★追加:遠隔憑依撃退ヒーリング3回    20,000円
・ペイパルご利用の方 






ー憑依撃退カードー 

hyid.jpg

★遠隔憑依撃退ヒーリングをお申し込みの場合

憑依撃退カード    10,000円  
・ペイパルご利用の方

★憑依防御撃退のためにお申し込みの方

・憑依撃退カード   20,000円 
・ペイパルご利用の方


   Email