謎が謎でなくなるとき・・・振動の神秘!


2018年12月


  動物の感情:犬の波動測定(12/18)


喜怒哀楽の感情は、人間と動物ではどの程度近いものなのか、それとも全く違うものなのか、今回は犬の感情の波動測定で調べてみたいと思います。

下記のサイトでは、犬の感情を人間と同じように見たレベルでいろいろ表現していますが、実際にはどのような意識になっているのでしょうか。
あくまで人間の感情を中心に考えていますが、犬の感情がどの程度人間に近いのか、それとも別な感情的なものが出ているのか、いろいろな場面での感情を調べてみたいと思います。
犬の感情を表現しているサイトは沢山ありますが、今回はその中から10サイトを選んで測定分析してみました。
今後、特殊な感情と感じたものがあれば、またそれが集まった時に測定したいと思います。

測定結果は、サイト毎に説明していきます。
犬の画像を測定し、その犬の感情波動が人間感情にどの程度近いか、波動から得た感じをそのまま人間意識に置き換えて説明していきます。


★おじいさんはあきらめなかった。いなくなった愛犬を探し続けて3年後、ついに感動の再会を果たす。

カラパイア

2つの波動測定をしました。

飼い主に会う前の波動状態です。
悲しみの波動はありませんが、心細さでいっぱいです。
人間で言うと、頭や心の働きがすべて完全に止まっているといった感じです。


飼い主に出会った時の波動状態です。
うれしいといった感情がピークに達しています。
気持ちは、興奮状態になっています。


★なんと3年の月日を経て、飼い主男性と再会した犬。果たしてどんな反応を示すだろうか?

カラパイア

2つの波動測定です。

飼い主に会う前の波動状態です。
特に何かに反応している訳でもない普通の状態です。


飼い主に出会った時の波動状態です。
人間でも、ここまでなるかと思いたくなるくらい、うれしい感情が突き抜けているといった波動を感じます。


★抱きしめたくなる…柴犬が悲しげな表情で釘付けになった『動画』とは??

ペットフィルム

気持ちが辛くなるくらい、心配の波動でいっぱいになっています。


★大好きなママンがいなくて悲しむチャウチャウにママンの動画を見せるも...

カラパイア

気持ちがズッシリ重くなっています。
何も考えられない、何もしたくない、辛い!といった感じです。


★犬も本当に悲しいときには声を詰まらせて泣く。亡くなったおばあさんのお墓に寄り添い嗚咽をあげるウルフドッグ。

カラパイア

人間で言うと、絶望感の波動です。
頭の中は、茫然とした波動で混乱の痛みさえ感じます。


★引っ越しで置いて行かれたピットブル。シェルターで涙を流しながら飼い主が再び現れるのを待ち続けていた。

カラパイア

この犬の場合は、3つの波動測定を行いました。
まず、捨てられた時の状態で測定しましたが、悲しいという波動はありませんでした。
この犬は、ただ一つのことに思いを向けて集中し、待っています。
それは、「飼い主に早く来てほしい」ということで、じっとそれだけに集中しています。


次に、新しい飼い主に触れている時です。
この時の波動は、人間で言うと葛藤です。
おそらく、以前の飼い主のことを忘れるかどうかかもしれません。


最後に、新しい飼い主との生活の中での感情です。
まだ、少し気持ちの中に傷が残っているといった感じですが、それでも安心感が強く出ています。


★愛するものと引き離され、捨てられた悲しみからなのか?涙を流す犬の姿が人々の心を打つ。

カラパイア

この犬も、2つの波動測定をしました。

犬舎の中にいる時の波動。
気持ちは暗く、ズッシリ重いといった状態です。
人間で言うと、何をどう受け取ってどう判断したらいいのか、反応するにもどうすれば良いのかが分からないくらい混乱状態です。
このような意識が強く、悲しさの波動は出ていません。


新しい飼い主の車に向かう時の波動状態です。
本当にホッとしたという感じとうれしいといった感情が出ています。


★また会えると信じて。6年前に亡くなった主人の墓から離れようとしない犬。

カラパイア

長年、この犬の場合は6年ですが、最愛の主人のことを思って待ち続けるといったことがあるのでしょうか。
もし、それが本当なら、その犬の感情はどのようになっているのでしょうか。
この犬を波動測定した結果、この犬の思いは強い一点集中のみでそれ以外はありませんでした。
それは、ただ「待っている!」という感じです。


★犬には人間と同じような感情がある。悲しそうな表情で目に涙を浮かべ、亡くなった兄弟犬の体から離れようとしない犬。

カラパイア

感情も湧き出てこないくらい、完全に意識喪失状態です。
自分も死んでいるような深い水の底にいるような意識です。


★交通事故により引き裂かれた2匹の犬、1週間以上過ぎてもメスの遺体から離れようとしない犬。

カラパイア

もうどうにもできない、そこからも離れられないといった感じで、とても悲しい意識になっています。
私も測定して涙が出そうになるくらい、この悲しさの波動は人間と同じ感じでそのまま伝わってきます。

今回は、犬の感情の波動測定でしたが、喜びや悲しみの感情は人間とそれほど変わりないといった感じを受けました。
動物の中でも、犬の感情は一番人間に近いのかもしれません。
動画の中からも分かりますが、とても残念というか酷いことをペットにする人がけっこういるようです。
犬は、本当に純粋な感情を持っていることが、測定したことではっきりしました。

  • 先月の記事で火球がありましたが、けさ早く“火の玉のようなもの”が上空を流れ落ちる様子がNHKの各地のカメラに映っていました。引用~ 3日朝早く、“光の玉のようなもの”が上空を流れ落ちる様子がNHKの各地のカメラに映っていました。ネット上では、この様子を目撃した四国や中国地方の住民とみられる「爆音で目が覚めた」「すごい音がした」といった書き込みが多数ありました。(NHK)爆発後にどんな影響があるのか、恐ろしいと思います。 -- サンタレグリア 2019-01-03 (木) 13:14:24


  千年前の薬草図鑑と魔術書の波動測定(12/4)

今回は、2つの本の波動測定です。
この2冊はとても興味深い本ですが、どのような波動なのか、それが実際に使えるものかどうかを測定し説明したいと思います。

その本は、下記の2つのサイトに載っていますが、画像を波動測定した結果を説明したいと思います。

カラパイア
「ファンタジー世界のヒーラーを目指す人は必携!千年前の薬草図鑑が無料公開される。ダウンロードもできるぞ!」

hel1.png   hel2.png   hel4.png  hel5.png

この写本は、ヴォイニッチ写本より古くおよそ千年も前に書かれた本となっています。
しかも現存しているのは1冊で、どこで誰によって作られたかは分かっていません。
何となくヴォイニッチ写本に似た感じがします。
内容は、様々な病気の治療法について書かれた本のようです。

このサイトに載っている本の画像を波動測定してみました。
全部の測定はしていませんが、このサイトに載っている画像すべてを測定した結果、この本もヴォイニッチ写本と同じくすべての画像の波動が違っていました。
ただし、その画像の波動はほんの少しの違いですので、全部のページの測定をするつもりはありません。
本のページ数を見ると約270ページありますので、全部測定するのも大変です。

とりあえず、このサイトに載っている画像14ページの測定結果を説明します。
この画像の波動は、これまでのものとは違って気持ちがマヒする感じがしました。
どんな感じかというと、頭の中がボーとしてマヒしてきます。
そのあと、体がだるく重くなっていきます。
そして、だんだんやる気が無くなってくる感じです。
これで「動植物を用いた治療法」が書かれているということなのでしょうか。

私は、この波動の感じに集中していると、もしかしたらと浮かんできたものがありました。
それは、抗うつ薬や抗不安薬です。
早速、抗うつ薬と抗不安薬の錠剤を検索して20種類くらい画像を測定したところ、なるほどと納得がいきました。
抗うつ薬や抗不安薬は、この写本に載っている画像の波動とほとんど同じでした。
要は、頭や体をマヒさせ、やる気を無くすることで余計な考えを浮かばないようにするものだと分かりました。
ネガティブを智恵を付けて乗り越えていくというより、精神的肉体的パワーを失わせることで改善されたというマジックに感じます。
おそらく、同じような問題に直面すれば、また以前のような状態に戻りやすいのではないかと考えてしまいます。
抗うつ薬や抗不安薬の服用を長く続けると、何に対しても本当にやる気が無くなるかもしれません。

うつや不安症で悩んでいる人は、薬は副作用がありますので、この波動を使うといいかもしれません。
これに別な癒し系の振動を入れると、効果が上がる可能性もあります。
特に、ウツは回復までの期間はけっこう長いので、薬を使用しない方法が出来ればと思いますので、これから研究してみようと考えています。
この本の内容より、意外なことを発見した感じです。

次の本です。

カラパイア
「アイスランドの魔術書に描かれた、9つの白魔術を使うための呪文」

wms1.png   wms2.png   wms3.png   wms4.png

魔術書は、本来は無視するレベルですが、この本に載っているシンボルは白魔術ということですので、どういうものか波動を調べて見たくなりました。
黒魔術と反対の白魔術ですが、波動の質から実際に使えるものかどうかです。

サイトには、9つのシンボルが載っていますが、全部測定してみました。
シンボルの意味することは別にして、私自身が感じた波動の質でこのシンボルが使えるかどうかを判断しました。
波動測定結果です。
全体的に振動レベルは、P4~5くらいです。
全く問題ないP振動ですので、白魔術のシンボルというのは本当です。

それぞれのシンボルの意味があるようですが、今はそれを無視して集中ポイントと振動の感じだけを説明します。
各シンボルの集中ポイントは、それぞれ違いがあり、その集中ポイントは1箇所ではなく、複数の集中ポイントとがあります。
集中ポイントは、波動が移動する感じがありますので、他の集中ポイントと相乗効果をもたらすようにしているのかもしれません。
この振動に含まれているパワーは、どちらかというと念的なレベルです。
やはり、人間は観念レベルの波動に影響させることが、一般の人の意識にはすぐ反応するのかもしれません。
念的といってもポジティブですので、ここに書かれてあることが実現するかどうかはその人が受ける波動の影響によって違うと思います。
これまでにはなかった波動ですので、遊びとしては面白いかもしれないといったレベルです。

シンボルの意図をよく分析し、その波動の感じを生かすために別な振動を加えると、さらに効果を増すかもしれません。
各シンボルの意図するものはありますが、波動の中身を分かれば特にそれに従う必要もないと判断しました。
私自身が持っていきたい意味に作り替えることも可能だと思いました。
そう考えると、けっこう楽しみなものが出来るかもしれません。

シンボルは、このサイトに載っている以外にもあるようで全部知りたいのですが、探しましたがこの本は日本では販売されていないようです。
いつか購入できるかもしれませんが、いつになるか…。
本を入手できれば、またその他の波動も調べて全体的なことを説明したいと考えています。
白魔術といっても振動以下ですので、これが魔術の限界かもしれません。


  • 近年、統合失調症の人に良く出くわします。100人に1人くらいの発症率だそうですが、感覚的にもっと多い感覚がします。感情の制御ができなかったり記憶や認知の障害があったりして社会生活が困難みたいです。日本人全体が統合失調気味な気もします。 -- 2018-12-30 (日) 13:16:00